スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国萌隊

今日は、曇ってたせいか、あまり暑くなかったですね。こういう日が続いて欲しいものです。
ちょっと用事で高知県へ行って来たんですけどその道中、こんなものを発見しました↓
四国萌隊
その名前は四国萌隊
それぞれの県のイメージを萌キャラ化したやつですね。最初見た時、「めっちゃ可愛いな~」と思いました。
各キャラの名前は、香川県が「讃岐かおる」、愛媛県が「伊予あい」、徳島県が「阿波あわな」、高知県が「土佐りょう」というみたいです。
なんかキャラの見た目が私の好みにピンポイントに当たりましたですよ~、はい。
これ「瀬戸大橋渡りました」って書いてありますけど、実際、与島は岡山県と香川県を結ぶ橋の中間地点にある島なので、まだ渡りきっても無いんですけどね。

まぁ、可愛いんで良しとしましょう(←
スポンサーサイト

テーマ : (* ̄ω ̄)c 報告。チョットネ。
ジャンル : ブログ

楽しかったw

え~っと、こんにちわ!D.E.Aです!


私は、3月22日,23日に島根県に寄り道しながら山口県の方へ旅行に行ってきました~。
と言っても、家族旅行ではなく「我楽多会」というお年寄りの集まりに付き添いで行きました。

定期的に旅行を企画しているようですが、何の集まりなのか、何の目的があるのか、よく分からない集まりのようですw物好きなため旅行に参加した人の中で若いのは私だけでしたw

この旅行は一泊二日で行ってきたんですけど、学校の修学旅行や研修以外で旅行に行くのは、とても久しぶりなきがします。最後に行ったのは中学3年生の夏休みの時以来だった気がします。

朝8時に集合をして、3時間程バスで揺られながら山口方面へ向かいました。

まず、バスで着いたのは津和野町という山口県ではなく島根県の町です。最初は、もう山口県にいるのかと思ってましたけど、他の人に聞いたら「ここは島根県だよ?」と言われましたw

ここ津和野は、和紙民芸と津和野銘菓「源氏巻」で有名な所です。

和紙民芸

かつて献上品としても大切にされた津和野の和紙で作った手作りの人形です。
可愛かったので買っちゃいましたw他にも大きいサイズの人形もありました。


源氏巻

津和野藩主、亀井氏と吉良氏との間のもめごとを収めた家老が吉良家に贈ったお菓子です。
その進物の中に源氏巻の原型があったらしい(´∀` )
こしあん、白あん、抹茶あん、の3種類がありました。
源氏巻は、お店によって色んな特徴を持っているようですよ。
看板に「60年の時を経て、老舗の味が今ここに蘇る」って書いてありました、歴史がありますねw

偶然、作業工程が見れるようになってましたw

源氏巻2

生地を平べったく焼いているようです。↑

源氏巻1


あの機械から形の整った餡子が生地の上に置かれて、クルっと巻くようです。↑

色々と買い物をした後、津和野の町を歩き回りました。
鷺舞
鷺舞銅像

戦国時代くらいからあったんですね。津和野の伝統的なお祭りでする格好らしいです。
最初、これを見た時「ナニコレ?」と思いましたw


旧津和野藩門

津和野藩家老の屋敷・・・・の表門です。写真を撮ってみましたwこういうのが好きなので。

大岡家家老門

大岡家の家老門です。建物の多くは、資料館や役所として使われてます。
案内の人に聞いてみると、あの「大岡越前」の屋敷ではないそうです。残念でした;

でも、歴史を感じる良い所でしたw


お次は、ついに山口県に突入です。
山口県は夏みかんで有名なんでしょうか?向かった所は、夏みかんを使ったジュースを作ってる工房でした。

夏みかんジュース

左から「だいだいスカッシュ」「夏みかんオレンジ」「ゆずスカッシュ」の3種類を作ってるそうです。

試飲をして、美味しかったので3種類がセットになったこちらを買ってみましたw

飲んでみた結果・・・・
「夏みかんオレンジ」、普通のオレンジジュースより少し酸味が強い
「だいだいスカッシュ」かなり酸味が強く、後から苦味がきます
「ゆずスカッシュ」こちらも酸味が強く、苦味があります

夏みかんが有名?で、案の定、こんなものがありましたwというか、行く先々で夏みかんの木を見かけるんですよね~。
夏みかんソフト

興味本意で買って食べました。夏みかんの味がほんのりして美味しかったです。
その頃は、日が雲に隠れて気温が下がってたので、食べてる最中は、とても寒かったです;

看板

柑橘工房さんの自家製です。一度は食べてみる価値アリです!


お次は、萩城下町という所に行きました。
ここは、今から400年程前、毛利輝元によって作られた36万9000石の城下町なんです。江戸時代からほとんど変わってなく昔の地図がそのまま使えるほどらしい・・・・。

この町には、円政寺、青木周弼旧宅、木戸孝允旧宅、志賀義雄旧宅、藤田伝三郎旧宅跡、旧久保田家、玉木病院、萩博物館、そして萩市の重要文化財「菊屋家住宅」などがあります。萩焼の器を売っているお店などもたくさんありました。近くに萩城本丸後もあります。

・・・でも、見てまわる時間が少なかったので重要文化財の菊屋家住宅しか見れませんでした(´Д`;)

菊屋家住宅で展示されている所蔵物の中には、撮影禁止な物もあったので撮っても良さそうなものをいくつか写真に撮りました。

短筒

短筒です。今で言う拳銃ですね。珍しいのは銃口が二つあるんですよ~、それに伴って引き金の部分も二つあります。

陣笠

陣笠です。萩藩の藩主が被っていたものだと思われます。

鉄扇など

手前から遠眼鏡、鉄扇、馬柄杓です。毛利家の御用商人の家だけにあって、扱ってたものも豪華ですね。

短刀
鍔1
鍔2

江戸時代に作られた短刀と長州鍔です。鍔にもいろんな種類があるんですね~、種類によっては殿様への献上品として扱われていた鍔もあるそうです。「刀あっての鍔、鍔あっての刀」と言われるほど大事なものだったみたいですね。

昔の雛人形

江戸時代にあった五月人形の一式です。現代の五月人形より金箔をあしらった物が多くとても豪華です。これは4月5日(日)~6月上旬の間のみ特別展示されているもので、私は偶然、その期間内に見たわけですwコレだけではなく、萩藩御用絵師が描いた絵や髪飾りなんかも特別展示されています。
皆さんも機会があれば見に行ってみると良いですw


お次は、急遽予定を変更の変更があり、萩蒲鉾店に向かいました。
私は、ここで、鰯や鯛を使ったハンバーグを買いました。試食をしましたけど、なかなか美味しかったですw


その後は、ホテルに泊まり一日目は終了です。色々歩き回ってたので、かなり疲れました;


はい、朝7時起床して二日目スタートですw

8時くらいに朝食をとりまして、10時まで部屋でのんびり過ごました。
今日は、あいにくの雨・・・だが、元気を出して次の目的地へレッツGO!

二日目最初の予定は、西の京山口・瑠璃光寺の国宝・五重塔の見学です。

五重塔1

私的には、良いポジションから撮ったんですけど・・・・どうでしょうかね?↑

瑠璃光寺の五重塔
毛利元就の時代に出来たものなんですね。

瑠璃光寺門
瑠璃光寺

仁保瑠璃光寺の門と本堂です。写真を撮っただけなので中には入ってません;
香積寺と呼ばれていましたが、明応元年(1492年)に瑠璃光寺と改められたみたいです。

うぐいす張りの石畳
うぐいす張りの石畳です。鳴るか試してみましたが雨のせいなのか音は、全然聞こえませんでした;

毛利家の墓石
毛利家のお墓です。天気が悪かったのでちょっと不気味に写りましたね;写真のどこかに幽霊でも居そうな感じ・・・;

説明看板
近くにあった看板です。説明が見たい方はこちら。


あいにくの雨でしたが、私的には、とても満足する見学でしたw

その後は、お土産を買ったりして、ゆっくりと家に帰りました。
また機会があったら行きたいと思いますw


・・・・と、色々あって旅行の日から10日ほど経っての報告の上、写真中心の長ったらしい記事になってしまいました、申し訳ありませぬ;

テーマ : (* ̄ω ̄)c 報告。チョットネ。
ジャンル : ブログ

プロフィール

D.E.A

Author:D.E.A
出身地:備中国(岡山県西部)在住
年齢:21歳
生年月日:平成3年10月15日
星座:天秤座
好きな食べ物:ケーキ パフェ お饅頭 鰻丼 ヨーグルト オレンジジュース
趣味:名城&城跡巡り 時代劇観賞 アニメ観賞 ゲーム チャット 模造刀の手入れ
好きな戦国武将:宇喜多秀家 石田三成
好きな時代:戦国時代 江戸時代
好きな名城:岡山城 萩城 駿府城

更新は、新しいネタを仕入れ次第書く手筈です。どうぞ宜しくお頼みします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
みくろっく

みくろっく
シチュー引きずり回し
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。